学校概要

   ホーム  >  学校概要 [ 校長挨拶 ]

 Seize the wind(その風をつかめ)

~未来を思い、努力を惜しまず、時代の先駆者(パイオニア)になれ~

 

                                    校長 山 本 秀 史

 

 福岡講倫館高等学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

 本校は大正14年、地元の熱い人材育成の要望を受け、福岡県早良高等女学校として創立されました。とりわけ、有田区の自治青年会会長として地域の生活改善に寄与された、医師であり著名な漢詩家であり、多彩な才能で多くの人に愛された、松口月城氏をはじめとする方々のご尽力によるところです。その後、昭和13年福岡県西福岡高等女学校、昭和23年福岡県立西福岡高等学校と改称し、普通科、被服系学科、商業科、情報処理科といった多様な学科を設置し、地域のニーズに応えてきました。平成17年4月に現在の福岡県立福岡講倫館高等学校に改称し、「総合学科」として新たにスタートしました。創立96年を迎える伝統ある学校です。

  松口月城氏がこよなく愛した文字のひとつである「誠」すなわち「まごころ」が、本校の校章にクローバーの葉として表現され、人としての道を学ぶということを表す漢字の「倫」の字が学校名に取り入れられています。

 本校は、総合学科高校として、生徒の個性や独自性を最大限に伸ばし、多様な進路希望を実現するとともに、高校生活において様々な体験を通して、多様な学びができる学校です。多様な進路希望を実現するため、2年次から生徒自身が進路希望に応じた科目選択を行い、「自分の時間割」を作成します。これは「主体的な学び」の第一歩であり、まずは自分ひとりで考えを持つことの大切さを学びます。また、社会で役立つ高度なコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の育成にも力を入れています。

 

 本校生徒の皆さん、高校生活では、自らの意見や考えをしっかりと持ち、論理的に表現したり、相手の立場を尊重して討論したりするなど、これからの社会で必要とされるコミュニケーション能力を身に付けてください。皆さんが生きていく今後の社会は、想像もつかない変化の激しい時代になるといわれています。変化の激しい時代にあって、よりよい社会を築き、充実した人生を送っていくためには、「物事の本質を見る力」と「様々な問題を発見し、他者と協働して、それを解決しようと努力する力」が必要だと考えています。困難なことに直面しても、粘り強くやることが必要です。福岡講倫館高等学校での学校生活の中で様々なことにチャレンジし、「自ら考える力、物事を深く考える力」を身に付け、「進取創造」できる人となってください。

また、これまでの人間関係を大切にするとともに、一歩枠を広げて、ぜひ新しい出会いの中で新しい人間関係を築いていってください。皆さんが他者の意見を聴き入れ、自分の思いを表現しながら、共に認め合い、支え合い、高め合う信頼関係を作ってほしいと願っています。高校時代は多感な時期であり、感動したり、悩んだりしながら、心身共に大きく成長する時期でもあります。よき友に出会い、よき友と「切磋琢磨」し、よき師に学ぶことは、生涯の宝となるものです。その意味でも、できるだけ友人の輪を広げていくことが、皆さんの高校生活で大切になることだと考えます。

そして、高校生活では、勉学はもとより、部活動や生徒会活動など様々な活動に没頭し、自らを鍛え、まじめで、物事に左右されない、心身ともに強く逞しい「質実剛健」な生徒に成長してください。

 

 校歌にあるSeize the windとは、「その風をつかめ」という意味です。そして、校歌には「向かい風にも立ち向かい 手と手つなぎ 叶えてゆく 夢への一歩だから」と、皆さんをエールするフレーズがあります。みんなで力を合わせ、困難を乗り越え、夢を叶えましょう。

 

 最後に、本校を目指す中学生の皆さん、ぜひ本校で夢を掴みましょう。

 

 

 ホーム
福岡県立福岡講倫館高等学校〒814-0033福岡市早良区有田3丁目9-1
Tel:092-871-2710 Fax:092-865-9641
福岡県立福岡講倫館高等学校
〒814-0033福岡市早良区有田3丁目9-1
Tel:092-871-2710  Fax:092-865-9641
Copyright(C)2009-2018 Fukuoka Kourinkan High School. All rights reserved.